彩発見プロジェクト

ダ埼玉、ク埼玉。武蔵国と呼ばれたのも今は昔。歴史の中に埋もれていった埼玉県。でも、安心してください。埼玉の埋もれた魅力、私たちが掘り返します!!      魅力度くださいたま……

渋沢を感じよう!~中の家~

 

 

中の家

 

 

これ、なんて読むでしょうか?

「なかのいえ」じゃあないんだ。

 

 

 

正解は、

 

 

 

 

 

」はどっからきたのよ?

 

 

 

まあ、そんなことは置いておくとして、今回も新1万円札で有名な渋沢栄一ゆかりの地を、再発見していこう!

(ちなみに前回は青淵公園を紹介しました。)

saihakken-pj.hateblo.jp

 

さてさて、まずは中ん家の正門をご覧いただくとしようかねえ!

f:id:saihakken_pj:20200804172406j:image



 

おお!渋沢を感じる!

感じるぞ!

(ムスカ大佐風に)

 

 

ここが渋沢栄一が23歳まで過ごしていた「中の家」です。前回紹介した青淵公園の近くにありますが、青淵公園周辺もとい、中ん家周辺は渋沢一族が開拓の一翼を担ったのだそう。ぜひ中の家を訪れる際は、周辺に建っている家の表札をご覧いただきたい。渋沢を姓に持つ家がたくさんあることに気づくはずですよ。

 

この中ん家では、渋沢栄一の先生兼従兄弟である尾高惇忠が、栄一に一生懸命『論語』を教えていました。論語の教えは、後の渋沢栄一に大きな影響を与えることになります。この点は、こちらの記事を読んでいただければ分かるはず!

saihakken-pj.hateblo.jp

 

 

さーて、いよいよ、門をくぐって行こう!

 

 

すると

 

 

すぐ左に構えるは、

渋沢栄一

f:id:saihakken_pj:20200822200037j:image

カッコいい‥

 

そして、本日のメイン!

中の家の主屋(おもや)が、これだあー。

 

 

ワン👉

 

 

トゥー👉

 

 

スリー👉

 

 

 

f:id:saihakken_pj:20200822200240j:image

出たー!!

まあ、栄一が深谷を出たあとに建てられたものなんだけどね。でも、晩年、深谷に戻ってからは、ここで過ごされたんじゃないかなと思う。

 

ちなみに、中の家の中は、入ることができない‥。

 

 

 

 

しかし!

 

裏手の窓から、

中の家の中を知ることができた!

 

それが、これだあー。

 

 

ワン!👉

 

 

トゥー!👉

 

 

スリー!👉

 

 

 

 

f:id:saihakken_pj:20200822200536j:image

ザ☆日本家屋

いい雰囲気ですね。住みたいなー、マジで。

 

さて、中の家は主屋だけじゃなくて、他にも色々とあるんですよ!最後に、それらを一気に紹介して行こうかね。

 

土蔵

f:id:saihakken_pj:20200822201001j:image
f:id:saihakken_pj:20200822200957j:image

f:id:saihakken_pj:20200822200942j:image

米倉だったり、藍玉の貯蔵場所だったら、道具入れだったり、用途によって分けられていたみたい。

しっかし、こんなに土蔵があったことからも、やっぱり渋沢化が豪農だったことが窺える。

 

 

なぞのばしょ
f:id:saihakken_pj:20200822201005j:image

煉瓦でも焼いていたか?ごみを燃やしていたか?

 

そして‥


f:id:saihakken_pj:20200822200952j:image

↑主屋の裏手は竹林になってます。とても雰囲気が良いです。栄一がいた頃もこんな感じだったのだろうか。毎日ここを歩けるなんて、羨ましいこと山の如しだぜ!

 

 

さて!今回は「中の家」を紹介しました!栄一のぬくもりを、皆さんは感じることができましたか?それではまた次回。

 

 

f:id:saihakken_pj:20200822200946j:image

↑なんか、雰囲気良かったので、撮りました。